南條 宏肇

Print Friendly, PDF & Email

特別顧問, なんじょう ひろただ

メッセージ

いま温暖化により地球は病んでいます。また地域間の格差も開く一方で、地域から都市へ若者の流出が止まらず、地域の農林水産業も危機に面しています。これらは産業革命以来の石油依存体質の限界が現れてきたことに他なりません。

「資源・エネルギー・食料」は、海外から買うという産業骨格の基本転換をしなければなりません。また若者が地域において希望を持って働ける雇用を創出することも大事です。これらを実現するには、地域に豊富に存在する自然資本やエネルギーポテンシャルを最大限に活用し、都市・地域の新たな富の再分配をすることがカギになります。

今まさにそのための研究は、地域を再生し、日本を再生し、そして地球を再生することにつながるやりがいのある重要な仕事です。この地域を救い、そして地球を救う戦士になってくれる人を求めています。北日本新エネルギー研究所はその後押しをします。


    • 連絡先:
      食料科学研究所 Tel:017-763-5027
    • 専 門:
      • 宇宙線による、宇宙の構造の研究
      • 地熱利用低コストによる融雪方法の開発(低温融雪システム)
      • 都市における、風力・太陽光発電の効率的利用の開発
      • 津軽海峡海流発電の研究
    • 研究紹介:
      海流発電
      融雪システム
      地吹雪発電

    • 略 歴:
      【学歴】
      1966年 早稲田大学第一理工学部応用物理学科卒業
      1968年 早稲田大学大学院理工学研究科応用物理学専攻修士課程修了
      1971年 早稲田大学大学院理工学研究科応用物理学専攻博士課程
      単位取得満期退学
      1977年 理学博士(早稲田大学)(第564号)【職歴】
      1972年 東京大学宇宙線観測所共同利用研究員
      1976年 弘前大学助手(理学部)
      1981年 弘前大学助教授(理学部)
      1992年 弘前大学教授(理学部)
      1997年 弘前大学教授(理工学部)
      2008年 弘前大学定年退職
      2008年 弘前大学学長特別補佐・弘前大学名誉教授
      2014年 弘前大学特別顧問
      現在に至る【所属学会】
      日本物理学会、日本雪氷学会・日本風力エネルギー協会、日本エネルギー環境教育学会
    • 著作・論文・特許等:
      【主な著書】
      「Exclusive Analysis of multi-particle production in nucleon interactions at 360 GeV/c」 (単著 1992年 Phys.Rev.D)
      「津軽海峡海流発電基礎研究」(2005年12月)日本機械学会誌 Vol.108 No.1045 p90-91
      「抗力型風力発電の力学的モデルと発電出力の最適化評価」(2008年2月)日本風力エネルギー協会 Vol.32p102【主な著書(共著)】
      「Fire-balls and accelerator Experiments」(1973Supple.Prog.Theor.Phys.)
      「Energy spectra of atomospheric cosmic rays observed with the emulsion chambers」(1981年 Nuovo Cim.)
      「Observation of heavy cosmic-ray primaries over the wide energy range from 100 eV/particle to 100 TeV/particle」(1993年 Phys.Rev.D)
      「熱交換井による地熱利用貯留型融雪システム」(2003年日本雪氷学会受領)
      「熱交換井による地熱利用貯留型融雪システム」(2002年11月)雪氷学会「雪氷」65巻6号 p523-531
      「平賀町役場太陽発電システムの稼動実績と平均発電量の推定」(2004年9月)Bull.Fac.Sci.Tehi.Hirosaki Univ. 7.13-26
      「熱利用融雪システムの性能評価のための地中温度伝導度の推定」(2004年9月)Bull.Fac.Sci.Tehi.Hirosaki Univ. 7.27-40
      「地熱利用ロードヒーティングシステムの性能評価」(2005年5月)雪氷学会「東北の雪と生活」第20号、p32-35
      「風況精査における「べき法則」型風速予測式の有効性」(2006年3月)日本風力エネルギー協会誌 通巻77
      「下北半島大間崎沖の弁天島周辺における流況精査」(2005年10月)Bull.Fac.Thec.Hirosaki Univ.8,37-66【最近の講演】

      • 2009/03/23
        東北経済産業局主催 低炭素資源循環社会システム導入セミナーin青森
        「エネルギー維新と地域新産業創出-北日本新エネルギーセンターの目指すもの-」
      • 2009/09/14
        日本機械学会2009年  岩手大学
        「エネルギー政策と持続発展社会の将来像、北日本新エネルギー研究センターの目指すもの」
      • 2009/09/29
        第1回青い森セントラルパーク低炭素型モデルタウン構想検討会
        「北日本新エネルギー 研究センター 概要」
      • 2010/02/18
        日本工学アカデミー北海道・東北地区講演会
        「エネルギー維新における新エネルギーの意義」
      • 2010/03/19
        東北経済産業局主催 地中熱セミナー
        「ー石油基盤技術からグリーン基盤技術へ ーグリーンイノベーションを考える」

      【社会活動等】
      ワシントン大学客員教授(1993年)
      青森県ITER誘致推進会議委員(1995年)
      原子燃料サイクル施設環境放射線等監視評価会議委員(1996年-2004年)
      財団法人インテリジェントコスモス学術振興財団 評議員(2004年-2007年)
      学術国際振興基金専門委員会委員(2004年-2007年)
      青森県地域結集型共同研究交流促進会議委員(2004年-2005)
      青森エネルギー環境教育研究会副委員長(2005年-)
      八戸工業高等専門学校評議員 (2005年-2007年)
      日本エネルギー環境教育学会理事(2006年-)
      あおもり型農工ベストミックス新産業創出構想検討委員会委員長(2006年)
      弘前市地域新エネルギービジョン策定委員会委員長(2006年)
      八戸北高校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員(2006年-2007年)
      五所川原市新エネルギービジョン策定委員会委員長(2007年-2008年)
      青森県地中熱利用推進ビジョン策定委員会委員長(2007年-2008年)
      青森県運輸部門省エネルギーモデル策定委員会委員(2007年-2008年)
      青森県地中熱利用推進ビジョン策定委員会委員長(2007年-2008年)
      青森県原子力人材育成・研究開発推進構想検討委員会委員2007年-2008年)
      青森市地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定委員会委員長(2008年-)
      青森県下湯地域地熱開発促進調査検討委員会委員長(2008年-)
      温泉熱利用に係る青森県地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定委員会委員長(2009年-)
      黒石市バイオマス利活用促進プラン策定委員会委員長(2009年-)
      青い森セントラルパーク低炭素型モデルタウン構想検討委員会会長(2009年-)
      青森県冬の農業促進委員会委員
      青森県エネルギー産業振興戦略推進会議委員
      社団法人青森県工業会リサイクル・エネルギー検討会委員
      東北経産局低炭素調査委員会委員

最終更新:2014/02/03

リーフレット

アーカイブ

2019年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

リンク

© 2009-2019 弘前大学 北日本新エネルギー研究所 All Rights Reserved -- Copyright notice by Blog Copyright