Graduate Theses

March 2018 (PhD)

  • 鈴木陽大(Yota Suzuki)
    研究:新地熱探査手法としてのストリームpHマッピング法の提唱(Proposal of stream pH mapping as a new geothermal exploration method)
    Publications
    ・Suzuki, Y., Ioka, S. and Muraoka, H. 2017. Geothermal resource exploration by stream pH mapping in Mutsu Hiuchi Dake volcano,
     Japan. Energies, 10(7), 1009; doi:10.3390/en10071009.
    ・Suzuki, Y., Ioka, S. and Muraoka, H. 2016. Comparative study of the subsurface thermal structure in northern Honshu,
     Japan, based on normalized temperature data and solute geothermometers. Energies, 9(5), 382; doi:10.3390/en9050382.
    Presentations
    ・鈴木陽大・井岡聖一郎・村岡洋文. 2017. 鬼首荒湯地区におけるストリームpHマッピング法の適用事例
     日本地熱学会平成29年学術講演会講演要旨,P09.
    ・鈴木陽大・井岡聖一郎・村岡洋文. 2016. 新しい地熱探査手法としての稠密pHマッピング.
     日本地熱学会平成28年学術講演会講演要旨,A02.
    ・鈴木陽大・井岡聖一郎・村岡洋文. 2016. むつ燧岳地熱地域における湧水,河川水,温泉水の地球化学的研究.
     日本地熱学会平成28年学術講演会講演要旨,P24.
    ・Suzuki, Y., Matsuda, M., Ioka, S. and Muraoka, H. 2015. Construction of the geothermal database of Aomori Prefecture and its
     analysis. Geothermal Mini-Workshop between Institut Teknologi Bandung and Hirosaki University,Bandung, December 10, 2015.
    ・鈴木陽大・松田雅司・井岡聖一郎・村岡洋文. 2015. 青森県地熱資源データベースの構築とその地熱構造解析(その2).
     日本地熱学会平成27年学術講演会講演要旨,A03.
    ・鈴木陽大・松田雅司・井岡聖一郎・村岡洋文. 2015. 下北半島の燧岳東麓断層に関する構造地質学・地熱地質学研究.
     日本地熱学会平成27年学術講演会講演要旨,A04.
    ・鈴木陽大・松田雅司・井岡聖一郎・村岡洋文. 2015. 燧岳地熱地域大赤川温泉における地球化学的特性.
     日本地熱学会平成27年学術講演会講演要旨,A05.


March 2016 (MSc)

  • 松田 雅司(Masashi Matsuda)
    :北八甲田火山群,地獄沼周辺における新湯断層による構造規制に関する高温地熱徴候の地球科学的特徴(Geochemical characteristics of
     steaming grounds on the structural control by the Shinyu Fault in the Jigokunuma area, North Hakkoda Volcanoes)
    Publications
    ・松田雅司・鈴木陽・井岡聖一郎・村岡洋文(2017)北八甲田火山群,新湯断層周辺における地熱熱水の化学特性と貯留層温度の評価.
     日本地熱学会誌,39(2),73-79.
    Presentations
    ・Matsuda, M., Suzuki, Y., Ioka, S. and Muraoka, H. 2015. Geochemical characteristics of steaming grounds on the structural
     control by the Shinyu Fault in the Jigokunuma area, North Hakkoda Volcanoes, Japan. Geothermal Mini-Workshop between
     Institut Teknologi Bandung and Hirosaki University, Bandung, December 10, 2015.
    ・松田雅司・鈴木陽大・井岡聖一郎・村岡洋文. 2015. 北八甲田火山群, 地獄沼地域における新湯断層による構造規制に関する高温地熱徴候の地
     球化学的特性.日本地熱学会平成27年学術講演会講演要旨,A02.
    ・松田雅司・加藤和貴・三上綾子・鈴木陽大・井岡聖一郎・村岡洋文. 2014. 北八甲田火山群, 地獄沼地域の高温地熱徴候のENE-WSW配列に関
     する予察的研究.日本地熱学会平成26年学術講演会講演要旨,B04.


March 2015 (MSc)

  • 加藤 和貴(Kazuki Kato)
    :青森県荒川流域における地熱資源の研究(Study of geothermal resources along Arakawa River, Aomori Prefecture, Japan)
    Presentations
    ・加藤和貴・鈴木陽大・三上綾子・松田雅司・井岡聖一郎・村岡洋文. 2014. 青森県荒川流域における地熱資源の研究(その2).
     日本地熱学会 平成26年学術講演会講演要旨,B03.
    ・加藤和貴・鈴木陽大・三上綾子・井岡聖一郎・村岡洋文. 2013. 青森県荒川流域における地熱資源の研究.
     日本地熱学会平成25年学術講演会講演要旨,A06.
        
  • 鈴木 陽大(Yota Suzuki)
    :青森県地熱資源データベースの構築とその地熱構造解析(Construction of the geothermal resource database of Aomori Prefecture and
     its analysis)
    Publications
    ・Suzuki, Y., Ioka, S. and Muraoka, H. (2014) Detetmining the maximum depth of hydrothermal circulation using geothermal
     mapping and seismicity to delineate the depth to brittle-plastic transition in Northern Honshu, Japan.
     Energies, 7(5), 3503–3511.
    Presentations
    ・鈴木陽大・三上綾子・加藤和貴・松田雅司・井岡聖一郎・村岡洋文. 2014. Geodepthmetry構築に向けた試み.
     日本地熱学会平成26年学術講演会講演要旨,B02.
    ・鈴木陽大・加藤和貴・三上綾子・井岡聖一郎・村岡洋文. 2013. 青森県地熱資源データベースの構築とその地熱構造解析.
     日本地熱学会平成25年学術講演会講演要旨,A07.
        
  • 三上 綾子(Ayako Mikami)
    :青森県岩木山における地熱資源の研究(Study of geothermal resources in Iwaki Volcano, Aomori Prefecture, Japan)
    Presentations
    ・三上綾子・鈴木陽大・加藤和貴・松田雅司・井岡聖一郎・村岡洋文. 2014. 青森県岩木山の広域及び湯ノ沢流域における地化学温度.
     日本地熱学会平成26年学術講演会講演要旨,B01.
    ・三上綾子・鈴木陽大・加藤和貴・松田雅司・井岡聖一郎・村岡洋文. 2014. 青森県岩木山における熱水系の地化学的特性.
     日本地熱学会平成26年学術講演会講演要旨,P26.  日本地熱学会学生ベストポスター賞
    ・三上綾子・加藤和貴・鈴木陽大・井岡聖一郎・村岡洋文. 2013. 青森県岩木山湯ノ沢流域における地熱資源の研究.
     日本地熱学会平成25年学術講演会講演要旨,A08.