About

  • 最終学歴:筑波大学大学院地球科学専攻地理学・水文学専攻修了
  • 学位:博士(理学)
  • 所属:国立大学法人弘前大学教育研究院地域イノベーション学系 北日本新エネルギー研究所専任
  • 役職:准教授
  • 専門:地熱水文地球化学(geothermal hydro-geochemistry),地熱探査(geothermal exploration),地熱利用(geothermal utilization
  • キーワード:water isoscapes, water quality, fault zones, permeability evolution, heat transfer
  • E-mail: ioka(at)hirosaki-u.ac.jp
  • 教育
     学部:教養教育科目(自然・科学)「環境と生活-総合エネルギー学-」地熱と地中熱担当
     大学院:博士前期課程「新エネルギー創造工学特別講義」地熱の直接利用と地中熱担当
     大学院:博士前期課程「地熱流体化学特論」
     大学院:博士後期課程「地下流体科学特論」
  • 連絡先
    〒030-0813 青森県青森市松原2-1-3(棟方志功記念館隣)
    TEL.017-762-7739 FAX.017-735-5411

Research Grants

  1. 平成28~30年度基盤研究(C)(一般)代表:直接経費 3,050,000円
    「硫酸還元反応に着目した帯水層蓄熱による地下水水質への影響評価」
  2. 平成25~27年度基盤研究(C)(一般)代表:直接経費 2,600,000円
    「浅層地盤における熱伝導率の変動メカニズムの解明と熱交換資源量の評価」
  3. 平成29~31年度基盤研究(B)(海外学術調査)分担
    「インドネシア沿岸都市における持続可能な水資源利用にむけた地下水脆弱性の評価」
  4. 平成26~28年度基盤研究(B)(一般)分担:直接経費 4,100,000円
    「本州北端地熱開発拠点における速攻地熱探査のための稠密水同位体測定探査法開発」
  5. 平成25~27年度基盤研究(B)(一般)分担:直接経費 2,500,000円
    「地中熱ポテンシャル評価手法の高度化と東北5地域における地中熱ポテンシャル評価」
  6. 平成24~25年度基盤研究(A)(一般)分担:直接経費 6,000,000円
    「ヒートアイランド現象の抑制を目指した冷房排熱帯水層処分システムの実用化」
  7. 平成23年度国内研究助成クリタ水・環境科学振興財団(一般研究:23020)代表:800,000円
    「寒冷地域に立地する都市の地下水環境における酸化還元状態」
  8. 平成15年度笹川科学研究助成(一般:15-280)代表:650,000円
    「地下水中の硝酸性窒素の動態における難透水層の役割-物理的バリアか生物化学的バリアか-」

Peer-reviewed Publications

  1. Ioka.S., Muraoka,H. and Suzuki,Y. (2017) Redox potential of shallow groundwter by 1-month continuous in situ potentiometric measurements. Applied Water Science 7(6), 3095-3101. doi:10.1007/s133201-016-0436-x
  2. Suzuki,Y.,Ioka,S. and Muraoka,H. (2017) Geothermal resource exploration by stream pH mapping in Mutsu Hiuchi Dake volcano, Japan. Energies, 10(7), 1009; doi:10.3390/en10071009.
  3. Ioka.S., Muraoka,H. Matsuyama, K. and Tomita, K. (2016) In situ redox potential measurements as a monitoring technique of hot spring water quality. Sustainable Water Resources Management, 2(4), 353-358.
  4. Suzuki,Y.,Ioka,S. and Muraoka,H. (2016) Comparative study of the subsurface thermal structure in northen Honshu, Japan, based on normalized temperature date and solute geothermometers. Energies, 9(5), 382;doi:10.3390/en9050382.
  5. Shrestha, G., Uchida, Y., Yoshioka, M., Fujii, H. and Ioka, S. (2015) Assessment of development potential of ground-coupled heat pump system in Tsugaru Plain, Japan. Renewable Energy, 76, 249-257.
  6. Suzuki, Y., Ioka, S. and Muraoka, H. (2014) Detrmining the maximum depth of hydrothermal circulation using geothermal mapping and sesmicity to delineate the depth to brittle-plastic transition in Northern Honshu, Japan. Energies, 7(5), 3503-3511.
  7. Ioka, S. and Muraoka, H. (2014) An estimate of energy availability via microbial sulfate reduction at a Quaternary aquifer in northern Japan considered for low temperature thermal energy storage. Water, 6(4), 858-867.
  8. Yanagisawa, N., Muraoka, H., Sasaki, M., Sugita, H.,Ioka, S., Sato, M. and Osato, K. (2012) Production test of kalina system using hot spring fluid at geopressure field in Japan. Geothermal Research Council Transactions, 36, 1165-1170.
  9. Ioka, S. and Tase, N. (2011) Meter-scale heterogeneity of nitrate concentrations of groundwater in aquitards. Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences, 41(4), 113-129.
  10. Ioka, S., Sakai, T., Igarashi, T. and Ishijima, Y. (2011) Long-term continuous in-situ potentiometrically measured redox potential in anoxic groundwater with high methane and iron contents. Environmental Earth Sciences,64(1), 143-149.
  11. Ioka, S., Sakai, T., Igarashi, T. and Ishijima, Y. (2011) Determination of redox potential of sulfidic groundwater in unconsolidated sediments by long-term continuous in situ potentiometric measurements. Environmental Monitoring and Assessment,178(1-4), 171-178.
  12. Akiyama, M., Shimizu, S., Sakai, T., Ioka, S., Ishijima, Y. and Naganuma, T. (2011) Spatiotemporal variations in the abundances of the prokaryotic rRNA genes, pmoA, and mcrA in the deep layers of a peat bog in Sarobetsu-genya wetland, Japan. Limnology,12(1), 1-9.
  13. Fukuda, A., Hagiwara, H., Ishimura, T., Kouduka, M., Ioka, S., Amano, Y., Tsunogai, U., Suzuki, Y. and Mizuno, T. (2010) Geomicrobiological Properties of Ultra-Deep Granitic Groundwater from the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU), Central Japan. Microbial Ecology,60(1), 214-225.
  14. Iwatsuki, T., Furue, R., Mie, H., Ioka, S. and Mizuno, T. (2005) Hydrochemical baseline condition of groundwater at the Mizunami underground research laboratory (MIU). Applied Geochemistry,20(12), 2283-2302.
  15. Ioka, S. and Tase, N. (2005) Wetland as natural reactive barrier: the hydrological and geomorphological landscape perspective. In Bringing groundwater Quality research to the Watershed Scale (Proceedings of GQ2004, the 4th International Groundwater Quality Conference, held at Waterloo, Canada, July 2004) (ed. by N.R. Thomson), IAHS Publications, 297. 311-316.
  16. Ioka, S., Tase, N. and Toyama, K. (2001) Relationship between the nitrate attenuation zone and groundwater flow in a typical hillslope-wetland plot in Japan. In Impact of Human Activity on Groundwater Dynamics (Proceedings of a symposium held during the Six IAHS Scientific Assembly at Maastricht, The Netherlands, July 2001) (ed. by H. Gehrels, N.E. Peters, E. Hohen, K. Jensen, C. Leibundgut, J. Griffion, B. Webb and W.J. Zaadnoordijk), IAHS Publications, 269, 357-360.
  17. 松田雅司・鈴木陽大・井岡聖一郎・村岡洋文(2017)北八甲田火山群,新湯断層周辺における地熱熱水の化学特性と貯留層温度の評価.日本地熱学会誌,39(2),73-79.
  18. シュレスタガウラブ・内田洋平・吉岡真弓・藤井光・井岡聖一郎(2015)地中熱ヒートポンプシステムにおけるポテンシャルマップの高度化.日本地熱学会誌,37(4),133-141.
  19. 井岡聖一郎・小野寺真一・村岡洋文(2015)地下水中のリンの動態.地球環境,20(1),47-54.
  20. 井岡聖一郎・村岡洋文(2014)脱窒反応におけるQ10値ー帯水層蓄熱と硝酸性窒素浄化の融合を目指してー.日本水文科学会誌,44(3),123-133.
  21. 井岡聖一郎・村岡洋文・丸井敦尚・井川怜欧(2013)青森県太平洋岸地域におけるオープン方式地中熱ヒートポンプシステムのための地下水水質評価.日本地熱学会誌,35(3),111-117.
  22. 井岡聖一郎・村岡洋文・南條宏肇・藤井光・坂本隼人・長内利夫(2013)青森県における地盤の見かけ熱伝導率.日本地熱学会誌,35(3),105-110.
  23. 酒井利彰・井岡聖一郎・五十嵐敏文(2012)サロベツ原野南部における沖積層の水文地質構造と地下水流動.応用地質,53(4), 172-182.
  24. 藤井光・駒庭義人・井岡聖一郎・渡部敦史・井上陽平(2012)垂直型地中熱交換井における地下水のクロスフローが熱交換量に及ぼす影響の評価.日本地熱学会誌,34(4),175-183.
  25. 宮澤大輔・井岡聖一郎・木山保・高橋正好・石島洋二(2011)CO2MB注入法に関する基礎的研究-CO2MBによるCO2溶解の特徴-.Journal of MMIJ,127(4,5), 189-193.
  26. 酒井利彰・井岡聖一郎・石島洋二・五十嵐敏文(2011)サロベツ原野における沖積層の地質解析-水理地質構造の解明に向けて-.応用地質,52(1), 2-13.
  27. 井岡聖一郎・酒井利彰・五十嵐敏文・石島洋二(2010)揚水を伴わない地下水の原位置物理化学パラメータ測定時における電気伝導度の留意点. 地下水学会誌,52(2), 195-204
  28. 井岡聖一郎・岩月輝希・天野由記・古江良治(2007)地下水の流動経路における原位置の酸化還元緩衝能力の評価-特に硫酸還元緩衝能力について-.日本水文科学会誌,37(1),3-8.
  29. 岩月輝希・天野由記・井岡聖一郎・三枝博光・竹内竜二(2007)大規模地下施設の建設に伴う周辺地下水環境の変化.日本原子力学会和文論文誌,6(1), 73-84.
  30. 井岡聖一郎・岩月輝希・酒井利彰・石島洋二(2007)深層地下水の酸化還元状態ー現状と今後の課題ー.日本水文科学会誌,37(4),287-293.
  31. 井岡聖一郎・古江良治・岩月輝希(2006)深層ボーリング孔を用いた岩盤中の地下水の採取方法-地下水の酸化還元状態の把握のために-.日本水文科学会誌,36(4),181-190.
  32. 井岡聖一郎・岩月輝希・加藤修・今北毅(2006)電極表面連続研磨器具付き白金電極を用いる水溶液酸化還元電位の安定測定.分析化学,55(10), 793-797.
  33. 井岡聖一郎・田瀬則雄(2004)茨城県筑波台地,斜面-湿地プロットでの地下水帯における硝酸イオンの還元場. 地下水学会誌,46(2),131-144.
  34. 井岡聖一郎・田瀬則雄(2004)地下水中の硝酸イオンに対するシルト,粘土層の役割-水理学的バリアか生物化学的バリアか-. 地下水学会誌,46(1),37-50.
  35. 長濱則夫・小野寺真一・小林政広・安道幸任・M.D.バーマノ・濱田洋平・井岡聖一郎 (2001)電気探査を用いた撥水性土壌での降雨浸透過程推定に関する実験的研究. 水文・水資源学会誌,14(1),27-33.

Patents

  1. 岩月輝希・井岡聖一郎「棒状電極の洗浄装置」 特願2005-163935,特開2006-337246,特許第4022609号

Books

  1. 井岡聖一郎(2017):地中熱利用.『再生可能エネルギーで地域を変える』,47-55.弘前大学出版会.
  2. 公益社団法人日本地下水学会編集(2011):『地下水用語集』,143p. 理工図書.分担執筆
  3. 田瀬則雄・井岡聖一郎 (2006):水文地質と地下水・土壌汚染.『地下水・土壌汚染の基礎から応用-汚染物質の動態と調査・対策技術-』,27-47. 理工図書.

Activities

  1. 平成28年度青森県地中熱・温泉熱エネルギー利用検討会委員(2016年7月~2017年3月)
  2. 青森県弘前市雪対策推進懇談会委員(2014年6月~2015年3月)
  3. 文部科学省 科学技術政策研究所科学技術専門家ネットワーク 専門調査員(2017年4月~2018年3月)
  4. 文部科学省 科学技術政策研究所科学技術専門家ネットワーク 専門調査員(2016年4月~2017年3月)
  5. 文部科学省 科学技術政策研究所科学技術専門家ネットワーク 専門調査員(2015年4月~2016年3月)
  6. 文部科学省 科学技術政策研究所科学技術専門家ネットワーク 専門調査員(2014年4月~2015年3月)
  7. 文部科学省 科学技術政策研究所科学技術専門家ネットワーク 専門調査員(2013年4月~2014年3月)
  8. NEDO受託業務にかかる技術検討委員(2017年4月~2018年3月)
  9. NEDO受託業務にかかる技術検討委員(2016年4月~2017年3月)
  10. NEDO受託業務にかかる技術検討委員(2015年5月~2016年3月)
  11. NEDO受託業務にかかる技術検討委員(2014年10月~2015年3月)
  12. 日本地熱学会 平成29年度学術講演会函館大会現地実行委員(2017年1月~2017年11月)
  13. 日本地熱学会 行事委員会委員(2016年10月~2018年9月)
  14. 日本地熱学会 行事委員会委員(2014年10月~2016年9月)
  15. 日本地熱学会 行事委員会委員(2012年10月~2014年9月)
  16. (公社)日本地下水学会 代議員(2017年4月~2019年3月)
  17. (公社)日本地下水学会 代議員(2016年7月~2017年3月)
  18. (公社)日本地下水学会 代議員(2015年4月~2016年3月)
  19. (公社)日本地下水学会 代議員(2013年4月~2015年3月)
  20. (公社)日本地下水学会 将来構想WG委員(2015年10月~2016年3月)
  21. (公社)日本地下水学会 編集委員会委員(2017年4月~2019年3月)
  22. (公社)日本地下水学会 編集委員会委員(2015年6月~2017年3月)
  23. (公社)日本地下水学会 編集委員会委員(2014年4月~2015年3月)
  24. (公社)日本地下水学会 編集委員会委員(2013年6月~2014年3月)
  25. 日本水文科学会 常任委員会委員(2016年7月~2019年3月)
  26. 日本水文科学会 評議委員(2016年7月~2019年3月)
  27. 日本水文科学会 編集委員会委員長(2016年7月~2019年3月)
  28. 日本水文科学会 編集委員会幹事(2013年6月~2016年3月)
  29. 日本水文科学会 優秀発表賞選考委員(2016年10月~2016年10月)
  30. 日本水文科学会 学会賞選考委員会委員(2016年7月~2019年3月)
  31. (社)日本地球惑星科学連合 ダイバーシティ推進委員 副委員長(2016年7月~2018年5月)
  32. (社)日本地球惑星科学連合 ダイバーシティ推進委員(2015年10月~2016年5月)
  33. (社)資源・素材学会 北海道支部常議員(2008年4月~2010年9月)