官 国清

部門Webサイトへ

官国清、教授(Dr Guoqing Guan, Professor)

エネルギー工学を基盤とし,環境・新エネルギー分野において、バイオマス・石炭の高効率熱化学的変換技術、バイオリファイナリー、バイオディーゼル燃料合成技術、新エネルギーを利用した高効率水分解技術及びエネルギー材料、金属イオンの分離技術、二酸化炭素の資源化技術の開発、自動車排ガス及びVOC処理技術などに関連した研究を展開したいと考えています。


連絡先(Contact): E-Mail:guan[at]hirosaki-u.ac.jp;  Tel:017-762-7756

専門(Majors): 化学工学(Chemical Engineering)、エネルギー工学(Energy Engineering)、材料化学(Material Chemistry)

研究内容(Reseach Interests):

  • バイオマス・石炭高効率的な熱分解及びガス化(High-efficiency biomass/coal pyrolysis and gasification)
  • バイオリファイナリー(Biorefinery)
  • 自然エネルギー(太陽エネルギー、風力、地熱、海流)を利用した高効率水分解技術の開発( Hydrogen production from water splitting by using natural energy)
  • 新規金属イオン分離回収方法の開発 (Separation/recovery of value-added metal ions from wastes)
  • エネルギー材料の開発 (Energy Materials)
  • 寒冷地対応型バイオディーゼル燃料研究(Biodiesel synthesis)
  • 燃料ガス精製・分離技術と二酸化炭素吸収材料の開発(Fuel gas purification and CO2 adsorption technology)
  • 二酸化炭素の資源化技術の開発(Conversion of CO2 to organic resources)
  • 自動車排ガス及びVOC処理技術の開発(Automobile exhaust gas and VOC treatment technology)

担当授業 Courses Taught

  •  21世紀教育科目:環境と資源(F)-総合エネルギー学(バイオマスエネルギー) (Enviroment and natural resources-Energy-Biomass energy)
  • 博士前期課程: 新エネルギー創造工学特別講義
  • 博士前期課程:バイオマスエネルギー特論(Advanced Biomass Energy)
  • 博士前期課程:理工学特別研究A、B; 理工学特別演習A、B
  • 博士後期課程:エクセルギ―工学特論(Advanced Exergy Engineering)
  • 博士後期課程:安全システム工学演習3、4

学歴 Education

  •  1/2004 工学博士号2取得(九州大学材料物性専攻)  (Kyushu University, Fukuoka, Japan, Materials Chemistry Ph.D2)
  • 12/1995 工学博士号1取得(四川大学化学工学専攻博士課程修了) (Sichuan University, Chengdu,China,  Chemical Engineering  Ph.D1)
  • 7/1992  中国・四川大学化学工学研究科修士課程修了(Sichuan University, Chengdu,China,  Chemical Engineering  Master)
  • 7/1990  中国・四川大学化学工学系卒業 (Sichuan University, Chengdu,China,  Chemical Engineering  Bachelor)

 

 【職歴 PROFESSIONAL EXPERIENCE

  • 1996 年3月 中国四川大学化学工学系 講師(Lecturer, Sichuan University, China)
  • 1999年10月 九州大学工学部応用化学部門 博士研究員(Postdoctoral, Kyushu University, Japan)
  • 2001年10月 (独)産業技術総合研究所 重点研究支援研究員(JST Researcher, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, AIST, Japan)
  • 2005年 4月 ドイツ・マインツマイクロ技術(Institut fur Mikrotechnik Mainz GmbH)

        フンボルト財団フェロー(Alexander von Humboldt Research Fellow)

  • 2006年 8月 福岡女子大学人間環境学部 JSPS外国人特別研究員(JSPS Research Fellow, Fukuoka Women`s University)
  • 2009年 2月 東京大学生産技術研究所 特任研究員( Reseach Associate, The University of Tokyo)
  • 2009年 6月 東京大学生産技術研究所 特任助教( Reseach Associate, The University of Tokyo)
  • 2010年10月ー2016年3月 弘前大学 北日本新エネルギー研究所 准教授(Associate Professor, Hirosaki University)
  • 2016年4月ー現在  弘前大学 北日本新エネルギー研究所 教授( Professor, Hirosaki University)

 

所属学会 PROFESSIONAL MEMBERSHIPS

  • 日本化学会(The Society of Chemistry, Japan)
  • 日本エネルギー学会(The Japan Institute of Energy)
  • 日本触媒学会(Catalysis Society of Japan)
  • 日本化学工学会、化学工学会エネルギー部会、化学工学会粒子・流体プロセス部会(The Society of Chemical Engineers, Japan)
  • 日本SOFC研究会(The SOFC Society of Japan)
  • 日本電気化学会(The Electrochemical Society of Japan)

 【HONORS and AWARDS

  • 平成23年度化学工学会粒子・流体プロセス部会フロンティア賞(Frontier Award, Fluid & Particle Processing Division, The Society of Chemical Engineers, Japan)
  • 平成22年度 化学工学会 流動化・粒子プロセシングシンポジウム研究賞(Research Award, Fluidization Division, The Society of Chemical Engineers, Japan)

 【Selected Publications

 

 

  • Before 2017, Please enter our >English HP<<click here

 

リーフレット

アーカイブ

© 2009-2017 弘前大学 北日本新エネルギー研究所 All Rights Reserved -- Copyright notice by Blog Copyright